MTB 速く走る ペダリング

MTBペダリングの7つコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

MTBでスムーズに速く走るためのペダリングのコツを7つ解説しています。
1,5,6,7の項目では、最初に悪い例の映像を示し、次に良い例の映像を示しています。

 

  1. 脚を止める時間を最小限にすること。できるだけ長い時間、ペダルを回し続けます。これがこの7つのコツの根本です。残り6つはこの1番目のコツを実現させるための各論です。
  2. コーナーに入る際はペダルを止めますが、コーナーを抜ける際にはできるだけ早くペダルを回し始めてください。
  3. ペダルを地面にぶつけないで回し続けられる角度の限界を知っておきましょう。
  4. 障害物を越える際はペダルを止めますが、障害物をクリアした瞬間にペダリングを再開しましょう。
  5. 小さな障害物を越える際はできるだけペダリングを続けましょう。障害物をクリアする一瞬だけ腰をサドルから上げ、ショックを吸収します。
  6. たとえ短い上り坂でも、脚を止めて惰性で上るをスピードが落ちます。のぼりでペダリングを止めないようにしましょう。
  7. 滑りやすい路面でもスムーズにペダルを回し続けることで、脚を止めるよりもトラクションを上げることができます。踏みつけるようにペダリングしてはいけません。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策