1000W以上 固定式ローラー台 自転車

スプリントもできる1000W以上の負荷に対応するローラー台

このエントリーをはてなブックマークに追加  

通常の自転車ローラー台トレーニングではそこまで大きな負荷がなくても十分にパワートレーニングにも対応できますが、スプリントトレーニングなどのもがきをローラー台でも行いたいという場合、1000W以上の負荷にも対応できる固定式ローラー台を導入したいところですね。

 

そこで、カタログ値から1000W以上の負荷に対応する固定式ローラー台をまとめてみました。

 

スプリント練習で大きな負荷が欲しいという、剛脚自転車乗りの方は参考になさってください。

 

ミノウラLR960


40km/hで584ワット、60km/hで1001ワットの負荷をかけることができます。
スマホ連動でパワートレーニング可能
ミノウラのローラー台は静粛性と自然な負荷に定評があります。

 

グロータック GT-Roller Flex2


負荷最大のとき、60km/hで1,400ワットの負荷になります。
モーションコントローラーで自然に自転車を左右に振ることができ、ダンシングでのもがきが可能です。
ローラー台としては価格が高めですが、日本の住宅事情に大変マッチしたローラー台です。

 

エリート ターボムイン


後輪不要で、ローラー台のスプロケに直接チェーンをかませる方式なので、タイヤとローラー台とのスリップがなく、力が逃げないのでスプリントトレーニングに最適な方式のローラー台です。
カタログ上でも、54km/hで最大2,700ワット程度と、十分すぎるくらいの負荷です。
ただ、ローラー台としては高額なのと、ローラー台そのものが非常に重いというのが欠点です。

 

エリート Qubo PowerFruid


こちらは、カタログ上は50km/hで950ワット程度です。50km/hを少し超えることで1000ワットまで届くと思われます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!