長い ステム デメリット 自転車

長いステムでは前加重が強くなりすぎてしまうデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ロードバイクのフレームを選ぶ時、何らかの理由で小さめのフレームを選ぶ場合があります(例えば短いヘッドチューブ長にしたいときなど)。
その場合、トップチューブ長も短くなってしまうので、どうしてもステム長を長くしてサドル〜ハンドル間の距離を確保したくなります。
身体のポジション的にはそれでいいのですが、自転車に対する身体の位置という意味では前加重になってしまうというデメリットがあります。
つまり、本来であれば、ハンドリングを安定させるためには後よりに加重すべきなのですが、ステム長を長くすることで、前輪の前寄りに加重することになってしまい、ハンドルが不安定になってしまうのです。

 

短いヘッドチューブを使いたい、身長の低い方にこのデメリットの出てしまいやすいと思います。
フレームサイズを最適化させるためにも、信頼できるショップで相談したいものですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 


■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■コンチグランプリが30%OFF
決戦用クリンチャータイヤの代名詞

■シマノ・グループセットが最大53%OFF
スペアパーツのストックにも!