ニノ・シューター MTB クロストレーニング

MTB王者ニノ・シューターのトレーニングの狙い

このエントリーをはてなブックマークに追加  

MTBクロスカントリーの最強選手の1人であるニノ・シューターがトレーニング計画を立てる際のポイントを解説しています。
また、1990年代のMTB XC世界チャンピオンであるトーマス・フリッシュクネヒトが、今と過去のトレーニング内容を比較して解説しています。

  • 持久力をつけることがトレーニングの最重要の位置を占めている
  • 4週間1単位でトレーニング計画を立てる。
  • 1週間は回復の週、残りの3週間はミドル〜超ハードまで強度を高めていく
  • オリンピックイヤーである2016年のシーズンは11月から計画を開始、最初はノルディックスキーを行った。
  • トレーニングは週6日、1日は休息
  • 1日2回か3回の練習
  • ランニングを週に2,3回行う。
  • ウエイトトレーニングや他のスポーツも取り入れている
  • しかし、大半はロードバイクやMTBでのトレーニング
  • トレーニングは鍛えたい目的を明確にし、内容を記録し、あらかじめ決めた順序で行う。
  • トレーニング量ではなく、質を重視している
  • 年間のトレーニング時間は950〜1000時間程度
  • トレーニングの75%はエンデュランストレーニング。残り25%はインターバルトレーニングのような強度の高いもの。
  • レース直前は非常に強度の高いインターバルトレーニングを行い、肉体的・精神的に強度の高い苦痛に馴らす。
  • インターバルトレーニングの目的は、設定した強度をなるべく長時間維持すること。
  • MTBレースでは2-3分の強度の高い上りと、30秒くらいの短い下りでの回復の繰り返し。
  • ニノ・シューターの強さは、どんな状況・環境でも、自分のトレーニングの目的に100%集中していること。

 

1990年代の反省点

  • とにかく自転車に乗ってトレーニング。他のスポーツはほとんどしない
  • トレーニング計画を立てることは立てるが、とにかく乗り込み
このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!