西薗良太氏 自転車 トレーニング

西薗良太氏の自転車トレーニング講座

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 

元プロロードーレーサーの西薗良太選手のトレーニング講座の動画

 

最初のころはAT以下で走っていても十分トレにーニングになるが、それだけでは頭打ちになるため、AT以上のトレーニングメニューを組む必要がある。

 

トレーニングメニューを組み立てる場合、走行距離で考えるのではなく、練習時間と練習強度で考える。
基本はATよりも低いところで走り、ポイントでメニュー(AT以上のきついペース)をこなす。

 

1人で走るよりも2人以上でグループで先頭交代走ることが、あるところからレベルアップするために大切。
グループ練習では強い人は先頭では長く先頭と引く、山では峠まで先に着いたら待つのではなく、引き返してもう一度上る、ハンディキャップをつけるなど、練習時間を有効に使う。

 

疲労回復のため、練習が終わった後にはすぐ(30分以内)に糖質・タンパク質を食べる。
たくさんでなくても良い。ミカン一個、卵一個でも。
血流を良くするために、横になって脚を上げておく。昼寝ができればベスト。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策