自転車 シューズ サイズ 選び方

自転車用の靴のフィット感は「ベリータイト」にすること!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ロードバイク用(基本的に歩行する必要のない)のビンディングシューズの選び方について解説した動画です。

 

まず一番大事なポイントは、日常生活用のシューズや他のスポーツ用シューズと違い、非常にピッタリとフィットした(つまり足と靴との間に余計な余裕のない)靴を選ぶということです。
自転車のペダリングでは、歩行や走行と違い、足裏を曲げたり伸ばしたりすることがなく、一定の体勢を保ったままなので、シューズが変形する必要がありません。
ですので、特に、一切歩行のことを考えなくて良いロード用シューズでは、ソールが非常に硬く、足の甲側の素材も硬いものが使われています。
こういった特性を活かすために、他のどんな靴よりも、ピッタリとフィットした靴を選んでください。

 

第二に、シューズを試す時は、必ず自分の足型にあったインソールを使い、インソールを入れた状態でサイズを確認しましょう・
インソールを使わないで試着すると、実際のサイズと変わってしまいます。

 

第三に、足の甲のバックルシステムに頼らなくてもフィット感の高いシューズを選びましょう。
バックルを締め上げてフィットさせなければならない場合、本当にその靴がフィットしているとは言えません。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策