自転車 トレーニング レース前日

レース前日は2時間以内でハードになりすぎないように

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

自転車レース前日のトレーニングは、身体を疲労させないように、2時間以内で終了するようにしましょう。
スプリントなど、運動強度をレース強度にすることはいいのですが、長時間レース強度で走らないようにしましょう。

 

少しのレースペースの強度と2時間以内の練習時間。
これが大切です。

 

自転車のレースは日曜日に行われるので、多くの場合、これは土曜日のトレーニング内容となります。
なお、日曜日にレースのない場合、土曜日のトレーニングはレース並みの高強度・長時間とし、日曜日のトレーニングは軽めにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!