TTバイク エアロ効果 エアロヘルメット

TTで空気抵抗を少なく、コストをかけない方法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

TT(タイムトライアル)バイクにお金をかけることのできる余裕のあるロードレース選手・トライアスロン選手であればいざしらず、普通のサラリーマンや学生のアマチュア選手はTTバイクの装備にあまりお金をかけることができません。
最小限の資金で最大限のエアロ効果・空気抵抗削減効果を目指すにはどのエアロ機材を採用するのがいいのでしょうか?
海外サイトに参考になる記事がありました。

 

エアロ装備 変更点 空気抵抗の変化 40km個人TTでの時間短縮効果
ジャージ ロードジャージとレーパン→nike swift suit(スキンスーツと思われる) -289g 134秒
ポジションとエアロバー ブルホーンバーを持ち身体を起こす→DHバーでエアロポジションを取る -262g 122秒
エアロヘルメット 普通のロード用ヘルメット→TT用エアロヘルメット -144g 67秒
ポジション 普通のエアロポジション→風洞実験で最適化したエアロポジション -121g 56秒
進行方向に対し10度の向かい風におけるフロントホイール 3-5本スポークホイール→12本スポークのディープリムホイール -90g 42秒
エアロシューズカバー シューズカバーなし→シューズカバーあり -65g 30秒
正面からの向かい風におけるリアホイール ディスクホイール→3本スポークホイール -63g 29秒
正面からの向かい風におけるフロントホイール 24本スポークロープロファイルアルミリムホイール→5本スポークホイール -50g 23秒
フレーム 普通のチューブのTTバイク→エアロチューブのTTバイク -36g 17秒
エアロヘルメット それなりのTT用エアロヘルメット→最適なエアロヘルメット -29g 13秒

 

TTにおいては空気抵抗の約90%が人間、残り10%が自転車によるものであると、今まで大雑把に言われていました。
実際に科学的に空気抵抗を測定した上記の結果でも、スキンスーツ・エアロヘルメット・TTポジションの最適化が、ホイールやフレーム以上に劇的なエアロ効果がありました。
また、小物ながらシューズカバーにも、フレームやホイール以上の効果があった点は注目すべきです。

 

以上の結果から、TT用の機材でおすすめは

  1. スキンスーツ
  2. DHバー
  3. エアロヘルメット
  4. エアロシューズカバー

の順番となりました。(原文記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策