ロードレース タンパク質 炭水化物 栄養

炭水化物だけでなく十分なタンパク質の摂取を!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ロードレース(トレーニングも含め)、レース前・レース中・レース後いずれも栄養補給が重要です。
多くの選手は炭水化物の補給には熱心で、タンパク質はレース後に摂取すれば良いと思っています。
しかし、炭水化物は摂取後一時間で全てなくなってしまい、その後はタンパク質がエネルギー源として使われます。
大事なのは「炭水化物とタンパク質のバランスをとった補給をする」ということです。

 

クリテリウムのような短時間のレースでは、レースの3−5時間前に食事を済ませ、30−45分前には高カロリーのジェルやエナジーバーを食べるにとどめましょう。
しかし、長時間のロードレースの場合は、基本的にいつ食べてもかまいません。
ただし、炭水化物ばかりを摂取するのではなく、タンパク質(プロテインのサプリメント)を同時の摂取しましょう。

 

また、ロードレース中は炭水化物やタンパク質の補給はもちろんのこと、水分補給も大切です。
のどの渇きを感じる前に水分を摂取しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策