ロードバイク 落車しない技術練習

このエントリーをはてなブックマークに追加  


ロードレースや練習で落車せず安全に走るために習得しておきたいテクニック5つを紹介している動画です。

 

1つ目は手放し走行。
走りながら補給食を食べたりウインドブレーカーを着たり脱いだりするのに欠かせない技術です。
また、手放し走行ができれはロードバイクでのバランス感覚も向上します。
最初は片手放しから練習し、慣れたら両手放しを練習します。

 

2つ目は一直線に走り続ける技術。
フラフラと蛇行せず、道路の白線上を走り続けることを練習します。
集団内で自分の位置をキープし、周囲に迷惑をかけず、落車することなく安全に走るために習得しておきたい技術です。
また、まっすぐ走ることができれば、普段のロード練習での交通安全にも大変役に立ちます。
なお、ゆっくり走るほうが難度が高くなります。

 

3つ目は低速走行。
時速3-5kmほどの超低速でもふらつくことなく走行を続けることができる技術です。
公道でのロード練習での交通安全に役立ちます。

 

4つめはバニーホップ。
障害物や他の自転車・自動車などを避けるため、とっさに段差に乗り上げるときに役立つテクニックです。

 

5つ目はスキッド。
タイヤを滑らせつつ、動きをコントロールする技術です。
スキッドの練習は、舗装路ではなく芝生の上で行います。
動画を見ると、ビンディングシューズではなく、普通のフラットペダルで練習しています。
ブレーキをロックさせてタイヤを滑らせてスキッドし、再びブレーキをゆるめてタイヤを地面とグリップさせるというコントロールを身につけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策