MTB XC フィジカルトレーニング

MTB XCレースに向けたパワートレーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加  

MTBのクロスカントリー(XC,XCO)レースではテクニカルな部分がより難しくなったとはいえ、持久力・瞬発力などのフィジカルもやはり重要です。
この動画では、FTPパワーや心拍数を利用した、MTBのクロスカントリーレースに焦点を当てたフィジカルトレーニングの方法について解説しています。

 

MTB XCのレース時間は以前よりも短くなったとはいえ、それでも持久力は非常に重要です。
長時間走りこんでベースを作りましょう。
60-70%強度で3時間のライド、合間に80%程度に強度を上げて10分間走る区間を3-4回入れます。
(ここでの%はワット基準ではなく、最大心拍数に対する%です)

 

また、レースで勝つためには高強度を繰り返す能力は非常に重要で、週に2-3回のインターバルトレーニングを行います。
具体的なメニューの例として次の2つが紹介されています。

  1. FTPより少し高いパワーで5分 - 回復走5分 を繰り返す
  2. 高強度で30秒 - 回復走30秒 の繰り返しを2セット

(ただし、どちらも1セットで何回繰り返せばよいのか、という点については言及がありませんでした)

 

インターバルトレーニングはローラー台で行っても良いのですが、できればMTBに乗ってオフロードで行うほうがより実践的です。

 

このようにして鍛えたフィジカルを有効にスピードに結びつけるためには次の点に気をつけましょう。

  • 走行ラインの正しい選択ができるスキルを磨くこと
  • スムーズなラインを見つけるために顔を上げて前を見ること
  • レースコース上で休めるポイントを見つけ、そこで回復させるのも重要な技術

さらに、

  • 体重を増加させない程度の上半身の筋肉も重要で、エリート選手は週に2-3回のウェイトトレーニングを行う
  • ロードバイクやトライアルバイク、モトクロスなどを用いたクロストレーニングも有効
このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策