自転車 脚質

自転車の脚質に影響するスポーツ遺伝子検査

このエントリーをはてなブックマークに追加  

自転車ロードレースでより強くなるためには、自分の脚質を知り、自分に合ったトレーニングをし、得意なレースに狙いを定めることも大事だと思います。

 

ただ、特にホビーレーサーの場合、自分の脚質がよく分らない場合も多いのではないでしょうか?

 

筋肉には持久力の高い遅筋と、瞬発力の高い速筋があり、その割合が脚質に大きな影響がある、というのはよく知られていると思います。
自転車ロードレーサーの場合だと、基本的には持久スポーツなので、遅筋が多いほうが有利です。
スプリンターやパンチャーの場合はある程度速筋が発達していたほうが脚質的には有利です。

 

ですが、自分の速筋と遅筋の割合を知るには、筋生検といって、太ももから脚の筋肉を少量切り出して調べなければいけません。
一般人のわれわれに、こんなことができるはずがありませんよね!

 

そこで、その代わりとして開発されたのが「スポーツ遺伝子検査」。
綿棒で口の中を軽くこすって粘膜を採取し、それを検査会社に郵送するだけで「持久力タイプ・瞬発力タイプ・中間タイプ」のうち、自分がどのタイプがわかるそうです。

 

このサービスは数年前からありましたが、一検査あたり約3万円と、高額でした。
しかも、調べられるスポーツ遺伝子は「ACTN3」と呼ばれる遺伝子だけだったのです。

 

自分の遺伝的な脚質を知りたい、と検査に興味がある人は多かったと思いますが、値段が値段だけにあきらめていた人がほとんどでしょう。

 

ところが、最近

  • 一検査あたり以前の1/4の価格の7,000円
  • ACTN3以外にもACE・PPARGC1Aの3遺伝子も検査でき、より信頼性がアップ

という新しいスポーツ遺伝子検査サービスが登場しました。

 

こちらです⇒口腔粘膜でスポーツ遺伝子を調べる【DNA EXERCISE】

 

ACTN3でわかる速筋・遅筋のタイプだけでなく、
ACEでわかる血管機能のタイプ、
PPARGC1Aでわかるミトコンドリアのエネルギー産生のタイプ
と、より多角的に脚質の遺伝的素質を調べることができます。

 

各遺伝子はそれぞれ3タイプありますので、
3x3x3=27タイプの遺伝的性質に分類されるということになります!

 

遺伝子検査の結果だけではなく、トレーニングに対するアドバイスシートも送られてくるので、今後のトレーニングに有効ではないでしょうか?

 

 

 

ということで、興味津々の管理人は早速申し込んでみました(笑)!!

 

自転車,脚質

 

自転車,脚質

 

申し込み画面では、住所やメールアドレスを入力します。

 

支払いはクレジットカードと代引きを選べるようですが、代引きは面倒なので私はクレジットカードを選びました。
クレジットカードの決済画面はセコムが見張っています。

 

キットが届くまで約1週間かかるようです。
長いですね。
でも楽しみです。

 

到着まで1週間ということでしたが、月曜日に深夜に注文して、水曜日には配達されたようです。
「ようです」というのは、不在だったため受け取っていなかったからです。
木曜日にキットを職場に再配達してもらいました。

 

自転車,脚質
ゆうぱっくです。

 

自転車,脚質
検査キットの内容物

 

自転車,脚質
この綿棒で頬の内側をこするだけです。
キットに同封されている封筒で送り返します。
ちなみに切手は不要です。

 

さあ、どんな結果が来るでしょうか?

 

自転車,脚質
綿棒を返送してから土日をはさみ、ちょうど2週間で結果が郵送されてきました。

 

郵送でもいいのですが、やっぱり結果を一日でも早く知らせて欲しいので、pdfファイルで結果をメールで送ってくれるというサービスだったらもっと良かったのに・・・とは思います。
もっとも、全ての人がネット経由で申し込むとは限らないので、パソコンに頼らない方法にしたのでしょうかね。

 

自転車,脚質
結果はこんな感じです。
私は
ACTN3(速筋と遅筋の比率) R/X型で中間タイプ
ACE(血管の収縮や拡張) I/I型で疲労しにくいタイプ
PPARGC1A(筋肉のエネルギー産生量の保持) G/S型で中間タイプ
となりました。

 

全体の傾向としてはやや持久力タイプよりですが、クライマータイプと呼べるほどではなく、遅筋の割合がそこまで多くはない。
しかし、スプリンタータイプではない。
パンチャーというところですかね??

 

ただ、自転車選手専用の遺伝子検査キットではないので、「あなたの脚質は○○です」という回答ではありません。
あくまで、3つのスポーツ遺伝子タイプと、その解釈を教えてくれるだけです。
とはいうものの、今後のトレーニングに大いに参考になるのではないでしょうか?

 

自転車,脚質
あと、トレーニングの参考になる資料です。
心拍トレーニングをしている人にとっては知っていることが多いかもしれません。
あくまで、メインは自分のスポーツ遺伝子のタイプを知ることです。
これらの資料はおまけと考えてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加