短期間 強くなる ローラー台トレーニング

元自転車プロ選手おすすめ、短期間で強くなるローラー台

このエントリーをはてなブックマークに追加  

元プロロードレース選手が短期間で強くなるために重視したトレーニング強度について解説しています。
セット数の指定などは特にありませんが、自転車のレースで勝ちたいのであれば、この強度に強くなることが大切ですよ、という強度です。
もちろん、高い有酸素能力(高いFTP)があることが前提ですが、それだけでは勝てないのがロードレース。
勝負どころのポイントできっちりと出力を出すためのトレーニング強度3つを紹介します。

 

1.スプリント強度(全力の90%-100%もがき)
15秒間の全力もがきを行います。
ゴールスプリントや、急に速度が上がった瞬間についていくときに必要な能力です。

 

2.無酸素運動(全力の80%-90%もがき)
30秒から3分が限界のもがきです。
短い上り坂などで強度が上がったときに必要な運動強度です。

 

3.VO2max(最大酸素摂取量)
3分から8分が限界のもがきです。

 

この3つの運動強度をごちゃまぜにするのでなく、きっちりと意識して区別してトレーニングしましょう。

 

※色々な動画で飽きずに楽しめる方法を試してみました⇒ローラー台トレーニングの暇つぶし

 

⇒最新入荷・最新機種の予約受付!ローラー台一覧<楽天市場>

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策