ロードレース トレーニング 方法

リピートヒルクライムと3時間のステディステートトレーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ロードレースのトレーニングのメニューとしておすすめするのは、上りを繰り返す、いわゆる「リピートヒルクライム」です。
これは登坂能力と高めるだけでなく、平地での連続したアタックへの対応など、負荷が高い状態が繰り返し続くことに対応する、いわゆるインターバルトレーニングにもなるので、ロードレースの実践的トレーニングとして非常に有効です。

 

1マイル(1.6km)程度の坂を、できるだけ高い強度で登ることを繰り返しましょう。
繰り返しのセット数は10セットを目指しましょう。
上りと上りの間のインターバルはどれだけ長くても10分を超えないように。3分程度までに短縮させましょう。

 

ヒルクライムのインターバルトレーニングと並んでオススメするロードレースのトレーニングは、いわゆるテンポ走、ステディステートトレーニングです。
これは最大の75%から90%の強度で、できるだけ一定ペースで長時間(3時間を目標)連続して走るというトレーニングです。
LSDのように楽なペースで走るのではなく、長時間一定ペースながら、それなりの中からやや高めの強度をキープします。

 

このトレーニングは一週間のトレーニングの真ん中、水曜日に行うのがよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策